緑内障の治療を静岡で受けました

緑内障は加齢で発症するので毎年の健康診断が大事

これを毎日着実に続けることが治療の基本だそうで、あとはあまり深く考えないほうがいいそうです。
悩んでも予防できるわけではありませんし、ストレスが溜まってしまうだけ損でしょう。
ストレスは心と身体のバランスを悪くしてしまうので、自分なりの対策として早寝早起きをするように意識しました。
寝不足になるとネガティブなことばかり考えてしまうので、これは目によくないと考えたのです。
医師によると緑内障は加齢によって発症する症状なので、40歳くらいからは毎年健康診断をしたほうがいいそうです。
発症率は3〜4%と高いとは言えませんが、学生時代のクラスに例えるなら1〜2人はいる計算になりますからね。
決してめずらしい症状とは言えないので、やはり毎年の健康診断や人間ドックは必須ですね。
緑内障対策の決め手は眼圧を高くしないことで、治療の基本は薬物療法をコツコツと続けることだと聞きました。
もともと薬の飲み忘れが多い自分でしたが、点眼薬は毎日忘れないように使用しています。
目につきやすい場所に置いておく癖をつけているので、忘れることは皆無と言っていいほどありませんね。

視野の狭さを感じ静岡の眼科で緑内障と診断初期の発見だったので点眼薬の治療を開始緑内障は加齢で発症するので毎年の健康診断が大事