緑内障の治療を静岡で受けました

静岡の眼科で緑内障の治療を受けて毎日の安定した生活が取り戻せた

視力が低下してきたのを自覚して静岡の眼科を受診し、そろそろ白内障の手術が必要ではないかと診断されたことをきっかけとして、定期的にその眼科へと通うようになりました。病状は少しずつ進行していったのですが、同時に緑内障を発症していることがわかり大きなショックを受けました。この病気は進行すると失明に至るおそれもあるということで、真剣に治療についてお医者様と相談をすることとなりました。治療方針については点眼の治療薬を中心に、進行を遅らせて失明に至らないようにするという方法でかたまりました。最初のうちは緑内障の進行についてとても不安な気持ちもありましたが、お医者様の指示に従って治療を行っていると進行が抑えられており、今のところ極端な視力の変化を感じることはありません。しかしものの見え方が歪んでいるように感じられる症状や、テレビ画面が乱れて見えるような症状は感じられることも稀にありますので、引き続き注意しながら治療を受け続けたいと考えています。緑内障に関しては、様々な情報があふれており、必要以上に不安に感じたり恐れたりする人も多いのではないかと考えらますが、適切な治療を受ければこの病気と上手に付き合っていくことができますので、病院選びがとても重要です。

視野の狭さを感じ静岡の眼科で緑内障と診断初期の発見だったので点眼薬の治療を開始緑内障は加齢で発症するので毎年の健康診断が大事静岡の眼科で緑内障の治療を受けて毎日の安定した生活が取り戻せた