緑内障の治療を静岡で受けました

視野の狭さを感じ静岡の眼科で緑内障と診断

視野の狭さを感じ静岡の眼科で緑内障と診断初期の発見だったので点眼薬の治療を開始緑内障は加齢で発症するので毎年の健康診断が大事

初期の緑内障はほとんど自覚症状がないのが問題ですね。
視野が徐々に狭まっていくそうですが、まったく自覚はありませんでした。
自覚がなければ眼科に行くこともないわけですが、あるとき視界が少し狭いように感じられたのです。
この時点では気のせいだと感じていて、そのまま放置していました。
一過性の眼精疲労だと思っていたのですが、たびたび視界の狭さを感じるようになったのです。
眼球の疾患は怖いことを自覚していましたから、静岡の眼科で検査を受けることにしました。
すると緑内障だと診断されたので、そのまま治療を受けることになったのです。

当初は手術が必要だと思っていたのですが、目薬で対応できることが多いようですね。
これで眼圧を下げることで目を楽にしていくそうですが、本当に目のストレスが解消していきました。
もう少し進行していたら内服薬を服用したり、レーザーや手術をする必要性もあったそうです。
初期の段階で発見できたので、大事には至らなかったようですね。
点眼薬は1回1滴で問題なしとアドバイスを受けたので、市販の目薬より楽だと思いました。
市販の目薬だと1回に左右それぞれ2滴をさしていました。
薬物療法以外の対策としては、健康的な生活を送るようにアドバイスを受けましたね。

緑内障の治療(静岡)緑内障 – 静岡の眼科